2006年11月25日

バラシと思考のメカニズム

こんちは、海信です、釣り行ってますか?


久しぶりに、いっちょコラムを書いてみようか・・・、ってもうチョット真面目に書かないとブーですねぇ・・・(汗)

季節的にも磯釣りがめちゃイイ季節になってきました。
そこで、グレ釣りには特について回る、「バラシ」についてちょっと考えてみたいと思います♪人によっては2号のハリスはめちゃ強力なハリスですが、ひとによっては簡単に切られてしまう号数・・・
「掛った獲物が大きかったぁ」とは、こりゃバラした人は、みんな言いたいですね。

でもちょっと待って下さいね。

バラした人は、確かに逃げていった魚は50cmオーバーのグレだった、でかい青物だったと言いたい・・・
しかし、それが真実なら、もうちょっとバラした魚に近いサイズの物が、他の人の釣果にあって普通だと思うんですね。

そうなんです、バラしたあなただけに、本命の、みんなが憧れている獲物が掛ってきていたって事は、客観的に考えて、考えにくいんですね。

バラすか、バラさんか・・・、ギリギリの所でやり取りして、上がってきたら、あらら・・・大したことないサイズなのに、「こいつはよー引いたなぁ・・・」なんて経験、ある人もたくさんいると思うんですね。

これ、バラしていたら、立派な50cmのグレ、でかい青物に変わってしまうわけです。


では、なんでバラすのか?
人によっては、もっと細いハリスであなたがバラしてしまった獲物を取り込むことが出来る人もいます。
なんで、バラす人はバラしてしまって、取り込める人は取り込めるんでしょうか?

釣りが上手か下手か?、これだけで済ましていい話でしょうか?


バラシが多い人にお尋ねします。


▲魚をかけて・・・
▲やりとりの最中に・・・
▲強烈な突っ込みが来たら・・・


無意識にバラシのイメージをしてしまっているって事無いですか?

人間数多く、同じ事が経験として繰り返されると、それってイメージとして潜在意識に残ってしまうんですね。
で、考えたくなくても、無意識で考えてしまうようになります。




この潜在意識で考えてしまう事って・・・

現実に非常に起こりやすい!(←マジで起こり易くなります)




潜在意識に主語はありません。
マイナス方向に考えてしまう事も、自分自身が望んでいることと区別が付かないワケなんですね。


そうなんです、バラシを繰り返す人は、あなたが望んでいなくても、気が付かないうちに望んでしまっている。
恐ろしいことに、こう言う悪循環に陥ってしまっているって事です。


逆に取れるときのイメージ、これももちろんあると思います。

最後の突っ込みを交わして、交わし切って、もう一タメで魚が見えるような瞬間ですね。
はらはらドキドキする瞬間かもしれませんが、案外こう言った瞬間は、もう取れるって気持ちが前面に出てルンルンなわけです。

こうなると、かなり高い確率でバラす事はありません。
無意識レベルで「取れて当たり前」になっているからですね。


これ、一日の釣行期間で考えても、めちゃ重要な事なんです。

だいたい、どんな名人名手でも、朝一番の仕掛けは若干太めです。
そうなんですね、この朝一番って言うのは、もちろん大型の確率が高い瞬間ですし、この時間帯にバラしてしまうと、その日の釣行が流れとして乱れてしまう事を、意識しないでも知っているからなんですね。

バラシのイメージを、朝一番に植え付けてしまうと、その日のうちに修正が難しくなるから・・・、こうちゃうか?って思うんですね。

どうですか?、心当たりありませんか?




では、どうすれば、このバラシの呪文から逃れることが出来るのでしょうか?


いろいろ考えましたが、やっぱり外道の力を借りることで随分緩和することは出来るようになると思います。

一般的に、磯釣り(上物)はエサ取りを除いて、外道の方が力が強い場合が多いです。
同じ40センチなら、口太グレが一番取りやすいかもしれない、なんて思うんですね。


だってそうですよね?

たとえば、サンノジ(ニザダイ)どうですか?
ごつい歯をしますよ。飲まれると3号のハリスでも飛ぶことはザラです。


キツ(イズスミ)どうですか?
一発目の突っ込みは、節操もクソもないですよ。


アイゴどうですか?
ウキが見えた後の最後の2ヒロで横向かれると、めちゃ重いですよ。


ウスバどうですか?
60cmを超えたら、寄せてくるのが大変です。


バンドウ(青ブダイ、ヒブダイ)どうですか?
これらの大型の最初の突っ込みは特筆ものです。



こう言った、外道が釣れる場合、少し面倒ですが、こいつで丁寧にやりとりを「練習」をしておくんですね。

で、勘違いでも何でもイイです。




「俺ってやり取り上手いやん」




こう思ってしまう事が、遠いようで一番近い!なんて思うんですが、どう思いますか?


アングラーは見え張りが多いです。
「外道釣っても仕方がない」、みたいなことも言う人が、実際多いです。

でも、そんな人に限って・・・



▲大きい仕掛けで粘れません。
▲掛ってくるイメージがしょぼいです。
▲結果、良くバラします。



40センチのキツでも、サンノジでも、1.5号のハリスで取り込むことができれば、大きな自信になります。
5キロに絡むようなバンドウ、3号のハリスで取り込めれば、竿の限界点も感じることが出来ると思います。

こう言ったちょっとちょっとの、経験の繰り返しが・・・


目指す自己記録への布石になるんとチャうかなぁ・・・って・・・
ずーと前から思っていたんですね。


勘違い大いにOKです!
外道を使っても、自信がもてりゃ、それの方がイイに決まってます!


むしろ、食わないからていって・・・
仕掛けをどんどん細くする方がハマりやすいですから、ちょっと注意が必要です。


強烈な締め込みが来たときに、あなたが無意識に何を感じるか・・・

「ああああ・・・・、バラすぅぅ・・・」って思うか?
「うううう・・・気持ちイイぃぃ・・・」って感じるか?


大半の場合、この時点で勝負は決まります。


外道を使って、自信を付けてしまう方法!
ご理解できましたか?(^_^)v
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/28254961
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

尾長グレ釣り場
Excerpt: 尾長グレは黒潮の影響下に生息し、その分子流の発生する潮通しの良い釣り場が狙い目と...
Weblog: グレ釣り・メジナ釣り、爆釣磯釣り情報局
Tracked: 2006-11-26 08:08

シマノ(SHIMANO) 05’アルテグラ 2500S AR−B
Excerpt: [初売セール 開催中]シマノ(SHIMANO) 05’アルテグラ 2500S ...
Weblog: 防波堤の釣り道具
Tracked: 2006-12-30 17:41

シマノ(SHIMANO) 05’アルテグラ 2500S AR−B
Excerpt: シマノ(SHIMANO) 05’アルテグラ 2500S AR−B ショップ名:...
Weblog: 防波堤の釣り道具
Tracked: 2007-01-20 15:11

このブログがつまらないと思ったら、ここにすごいブログがたくさんあります。
人気ブログランキング<釣り>
↓↓↓↓↓↓↓
レッツ・ゴー♪
人気ブログランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。