2006年05月06日

リールの話・・・


あなたは、最近、リールは何を使ってますか?

海信は、グレ釣りチヌ釣りフカセ釣りが大好きなアングラーですから、2500番クラスのリールをよく使うんですが・・・

“あれ”が付いていない物を好んで使います・・・

“あれ”って・・・?




そうです、海信はレバーブレーキの付いてないリールを使います。

勘違いしないで欲しいのは、別にレバーブレーキリールをバカにしている訳じゃなんですね。
当然ですが、レバーブレーキはあった方が、いいと思ってます。

じゃ、なんで、FD(フロントドラグ)のリールを使用するか・・・?


最初に、海信は、以前はLB(レバーブレーキ)のリールを使ってました。

その後、両軸リールを使ったりしたこともあったんですが、ある理由からFDタイプのリールを、そうですね、約7,8年でしょうか?現在に至るまで使ってます。

海信の釣りのスタイルは、殆どがフカセ釣りですから、使い勝手はLBに比べると、FDは数段劣ると思います。

急激なツッコミには、のされた分だけ糸を出して対応するのがLBの特徴ですが、FDの場合はこれを、ドラグで対応するようになってます。
しかし、1.5号や2号クラスでの細ハリスでのドラグの設定は、結構難しいんですね。

平たく言うと、細ハリスでは、急激なツッコミにドラグが鳴るように緩めておけば、鳴ったら根に持ってかれますし、鳴らないようにキツク締めれば、これはハリスが飛んじゃうんですね。

しかし、FDにすると、LBでは中々気づけない、すっごい気づきがあるんですねぇ・・・

そんなお話をチョット・・・

まず・・・

海信はFDリールを使ってるって言っても、クリックはOFFの状態、しかも、ドラグはカチンコチンに締めて使用します。
ルーターおよびハンドルがどちらにも回転する状態で、ドラグの逆回転で糸は出さないってことですね。

で、急激なツッコミにはハンドルを逆回転させて、対応します。

早い話、FD使っても、LBと使い方は同じです。

じゃ、なんでLBを使わないかって言うと・・・

これは、“竿のもち方”にあるんですね。


LBリールを使用すると、竿を持つ時、シッカリと竿を握る事が出来るんですが・・・

FDで同じ事をやろうとすると、竿を強く握る事が出来ません。

LBは竿を握って、人差し指でブレーキ操作ができますね。
FDは同じ事をルーター部分に指を添えてやるわけですが、このときにLBと同じように人差し指でルーターの逆回転を止めようとすると・・・

これは、ルーターに強く指が当たって、良くて突き指、下手をすると骨折をしてしまうんですねぇ・・・

FDで、ルーター部分に指を添えて、ブレーキ操作をしようとすると・・・

人差し指で竿を支えて、中指でルーター部分に指を、軽く添えてやらないと上手くいかないんですね。

ちょっと、ロッドにリールを装着して、逆回転を中指で止めてみてください。

これをやろうとすると・・・

竿は人差し指一本で支えてないと、出来ない事に気づかれると思います。

で・・・
強く竿を握れませんね(^_^)

海信は、ロッドは左手、リールハンドルは右手です。
(普段は右利きですが、釣りは完全に左利きです)
これは、逆手でも、同じ事になります。


バラシの大きな原因の一つに、上腕部に力の入りすぎがあるって知ってました?(早い話、“力み”ですね)

急激なツッコミが来たときに、本能的に、竿をシッカリと持とうとするんですね。

どういうことかって言うと・・・

竿をシッカリと持つという事は・・・

手のひらをシッカリと握ってしまうって事と同じなんですね。

はい、拳骨をギュッと握って、のされた竿を起こすように握った拳骨を、おでこのとこまで上げてみてください。

上腕部に力コブ、出来てませんか?

これはどういうことかって言うと・・・

本来、大物を取り込もうと思えば、ロッドの弾力を十二分に活かし切らないと、難しいんですが・・・
これは、引っ張り合いをするって事じゃなくって、リールシートの部分が支点になって、5本継ぎならば、4番の弾力を十二分に活かすって事なんですね。

本来の意味での、竿の弾力を活かすには、力む事は無いんですね。
リール部分が支点になって、竿尻を魚のほうに向けてやればいいわけです。

それが出来ないような大物の場合、竿尻を腹に当てて、リールシートの約80センチ前を掴んで起こすって言う風にやればいいんですが、どっちにしても、竿の持ち手は竿を支えてるだけで、力を入れる必要は殆ど無いんですね。

これを、実際にシッカリと実現させてやろうと思うと・・・

竿の持ち手の上腕部に力が入ってると、やり難いんですね。
力コブは要らないわけなんです。(って言うか、邪魔なんですね)

竿をシッカリと持つ事が出来ないと、力コブは作れません。

FDリールでクリックをオフにしてやり取りをすると、竿を支えているのが、人差し指一本になりますから、ほぼ自動的に、この理想形が作れるわけです。


これは、絶対に事実と海信は確信を持って、このコラムを書いてます。

では・・・

LBでも、竿を強く握らなきゃOKじゃん・・・♪

その通りですね(^_^)v

しかし、強いツッコミが来たときに、竿を強く握らないって、意識してやり取りする事は難しいんですね。

反射的に強く握ってしまうって事に、ある日気づいてからは・・・

竿の持ち手の力加減の妙を体得するまで、LBは使わんでおこうと決めて、現在に至ってるんですね。

この考え方は、必ず自分の身になってくれるんじゃないか・・・なんて思ってます。

自分の釣りの上達を目指す事は、生涯をかけて臨むべき、釣りキチガイの課題だと思ってます。

空手の大山倍達師は、「どういう風に拳を握れば、より強い突きが打てるのか?」を亡くなるまで試行錯誤されていたと聞きます。
(熊より強い人が、こんな事考えてたなんて・・・汗)

海信、このリール操作に慣れるまで、そうですね、100回以上はつき指したかな・・・?
幸い、骨折はしてませんが、ほぼ完璧に出来るようになって、バラシの回数は・・・

レバー時代の半数以下に減ったかな・・・?

なんて思います。



(注)本ブログ内のコラムの内容は、真似をされる場合は、すべて自己責任で実践下さい。
本コラムの内容の場合、右ハンドルの方は、かなりの危険を有します。

と言うのは、右ハンドルの方の場合、左の薬指でルーター部分を支える事になりますが、ルーターの逆回転の方向が指先から来ますから、大物とやり取りするときはかなり危険です。

逆に、左ハンドルの方は、逆回転が指の付け根から指先に抜ける方向に回りますから、右ハンドルに比べると危険は少ないです。

私の場合は、危険な右ハンドルで体得した気づきですが、右ハンドルの方は、相当に根性入れてないと、間違いなく怪我をしますから、無理をせずにレバーブレーキリールの使用をおススメします。

私のように、釣りの技術体得のためなら、指一本くらいくれてやるって方は、止めませんが、必ず自己責任でやってくださいね(^_^)v

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17450301

スワンズ GP117 SWANS グレ釣り おしゃれアイテム
Excerpt: ■新品■スワンズ GP117 偏光サングラス SWANS フィッシング度付対応...
Weblog: グレ釣り・メジナ釣り、爆釣磯釣り情報局
Tracked: 2006-11-12 13:08

海釣りの方に最適な釣り情報
Excerpt: 海釣り情報では、このような情報は業界初か・・・? 目からウロコの無料レポート進呈中♪ 海釣り情報 海釣り爆釣情報 海釣り爆釣無料レポート
Weblog: タックルボックスなら、フィッシング・プロショップ・アプローズ
Tracked: 2007-01-17 19:41

ダイワ(Daiwa) トーナメント ISO Z2000LB
Excerpt: ダイワ(Daiwa) トーナメント ISO Z2000LB ダイワ(Daiwa)...
Weblog: グレ釣り・メジナ釣り、爆釣磯釣り情報局
Tracked: 2007-01-20 19:51

このブログがつまらないと思ったら、ここにすごいブログがたくさんあります。
人気ブログランキング<釣り>
↓↓↓↓↓↓↓
レッツ・ゴー♪
人気ブログランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。